本文へスキップ

挑戦&進化!やればできる!レッツなわとび!

大会規定meeting rule

富士山なわとび大会・競技規定

  参加規定

1、申し込みは、締切日までに、大会事務局に申し込む。当日の申し込み、ならびに出場する種目の変更は、一切認めない。

2、出場種目は、1人2種目(時間跳びを除く)、団体種目も2種目までとする。

3、記録集計は、基本的には、学年別・男女別に行う。ただし、小学生男子低学年・高学年・小学生女子低学年・高学年の部、一般、男女共通などに分ける種目もある。

4、健康状態については、保護者が、責任を持つこと。傷害保険料を越える範囲の事故については、協会は責任を負わない。

5、予選がある種目については、予選記録を越えなかった場合には、決勝には進めない。

6、棄権する場合、大会事務局に届け出る必要はない。

7、著しく規定に違反していたり、無視したりしている場合は、以後の競技の続行を禁止するとともに、今後の大会への参加を一切認めない。

8、規定にない事態が発生したときは、競技部(会長・事務局長等)で協議し決定する。

 

  競技規定

【個人】

☆時間とび(一回旋技)

1、「はじめ」の合図があり、審判長が挙手をしている10秒間にロープがつかえてしまった場合は、やり直して跳び続けてもよい。ただし、それ以後は認めない。

2、記録は、ロープが足にかかったりして、選手が跳ぶのをやめたときに終了する。

3、跳び方は、前方一回旋一跳躍とする。1回ロープを回す間に、足は1回つくことができる。2回以上ついた場合は、失格とする。また、ロープをゆっくり回し、1秒以上着地している場合も、失格とする。

4、記録は、とんだ時間で表わす。

5、跳んでいる途中で、他人の手を借りてはならない。水を飲んだり、目覚めるために水をかけてもらったりしてはいけない。

 

☆あやとび・交差とび(一回旋技)、二重とび・あや二重とび・交差二重とび(二回旋技)

1、記録は跳んだ回数(着地した回数)で表わす。

2、「はじめ」の合図があり、一回旋・二回旋技を跳びはじめ、ロープが足につっかえた時や、跳ぶのをやめたとき、また二回旋技は一回旋技になってしまったときが終了となる。

3、記録は、やめたときに両足ともロープを越えていれば、その記録は入れるが、そうでない場合は、最後の記録は入らない。

4、試技は1回とし、10回以上跳べた時は、それを記録とする。記録が10回に満たない場合は、直後にもう一度試技できる。ただし、それでも10回に満たないときは、良い方が記録となる。

5、競技終了後、直ちに個人記録カードに記入する。

6、1回旋技と2回旋技のあや二重とびと交差二重とびは、前回しでも後回しでも、どちらでもよい。

☆親子とび

1 基本的には保護者が短縄を回し、子どもが保護者のシャツをつかみながら2人同時にとぶ。
        (逆でもよい)
2 1回旋1跳躍を基本とする。

3 親子とびに出場するお子様が複数の場合は、一緒にとぶ保護者は同じでもよい。 

【団体】

  長なわ8の字3分間とび

  必ず、二人で数える。一人は、カウンターを使って数え、もう一人は、跳ぶ人数のかたまりで、パックとして数え、終わったあと、計算するとよい。

  1分間200回を越える記録をだしたことがあるチームの計測は、3人で数えたほうが間違いがない。(跳ぶ前に、リーダ−に確認する)

  競技開始前に、必ず審判団で打ち合わせを行う。

1、試技は1回とし、記録は人で表す。

2、1人1回ずつとび、跳んで抜けたあと、次の人が跳ぶ。2人が同時に跳ぶことはできない。

3、「はじめ」の合図がある前に、ロープを回していてもよい。

4、記録は、「やめ」の合図があったときまでとする。ただし跳んでいる状態のときは、最後の一人を記録として数えることができる。

5、最後にロープが引っかかったときは、その人数は数えない。

6、3分間の間に、何回跳ぶことができるかを競うが、何回ロープが引っかかっても競技は続けられる。

7、選手は、3名以上40名以内とする。(ロープの回し手2人を含み回し手の片方は、大人でもよい。)

8、ロープの長さは、自由とする。

9、記録は、チームのキャプテンの個人記録カードに記入し、必ず集計所に記録を知らせる。

 

長なわ8の字1分間跳び  ※全国スピードコンテスト予選会をかねる。 

1.1人1回ずつとび、跳んで抜けたあと、次の人が跳ぶ。2人が同時に跳ぶことはできない。

2.「はじめ」の合図がある前に、ロープを回していてもよい。

3.記録は、「やめ」の合図があったときまでとする。ただし跳んでいる状態のときは、最後の一人を記録とし  て数えることができる。

4.最後にロープが引っかかったときは、その人数は数えない。

5.1分間の間に、何回跳ぶことができるかを競うが、何回ロープが引っかかっても競技は続けられる。

6.選手は、跳び手1名以上12名以下とし、回し手2名と規定する。

7.ロープの長さは、自由とする。

8.記録は、チームのキャプテンの個人記録カードに記入し、必ず集計所に記録を知らせる。

☆ダブルダッチ(シングル30秒、ダブル1分間、トリプル2分)

1、記録は回数で表す。

2、ジャンパーが中に入って跳んだ累計回数となります。

3、「はじめ」の合図がある前に、ロープを回していてもよい。

4、記録は、シングルは、かけあし跳びなら右足計測。両足とびでなら2回跳躍で1回とする。
ダブル・トリプルは、かけあしなら両足とも計測、両足なら両足で跳んだ回数とする。

5、最後にロープが引っかかったときは、その回数は数えない。

6、時間内に、何回跳ぶことができるかを競うが、何回ロープが引っかかっても競技は続けられる。

7、選手は、シングル3人、ダブル4名、トリプル5名。(ターナー2人、ジャンパー3人まで)

8、ロープの長さは、自由とする。

9、記録は、チームのキャプテンの団体記録カードに記入し、必ず集計所に記録を知らせる。

information

富士市なわとび協会

〒417−0808
富士市一色40−7